■ プラクティショナー養成コース:フェルデンクライスプロフェッショナルトレーニングFPTP Tokyo 3
フェルデンクライスプロフェッショナルトレーニング
FPTP Tokyo 3とは開催情報教育スタッフお申込方法

トレーニング情報

◆開催情報
【スケジュール(2014-2018)】

各セグメント(学期)の日程は5日~15日。10日間セグメントには休みが2日、15日間のセグメントには4日入ります。
  第1セグメント 第2セグメント 第3セグメント 第4セグメント
1年目
(2014-2015)
① 10月2日~13日
(10days)
(休み: 10月7, 8日)
② 12月12日~23日
(10days)
(休み: 12月17, 18日)
③ 4月25日~5月13日
(15days)
(休み: 4月30日, 5月1, 6, 7日)
④ 8月12日~16日※
(5days)
2年目
(2015-2016)
※⑤ 8月19日~30日
(10days)
(休み: 8月24, 25日)
⑥ 11月5日~23日
(15days)
(休み: 11月10, 11, 17, 18日)
⑦ 4月23日~5月11日
(15days)
(休み: 4月28, 29日, 5月5, 6日)
1年目第4セグメントと2年目第1セグメントは連結しています。
3年目
(2016-2017)
⑧ 8月11日~29日
(15days)
(休み: 8月16, 17, 23,
24日)
⑨ 11月9日~20日
(10days)
(休み: 11月14, 15日)
⑩ 4月26日~5月14日
(15days)
(休み: 5月1, 2, 7, 8日)
4年目
(2017-2018)
⑪ 8月9日~8月27日
(15days)
(休み: 8月14, 15, 21,
22日)
⑫ 11月16日~27日
(10days)
(休み: 11月21, 22日)
⑬ 4月26日~5月14日
(15days)
(休み: 5月2, 3, 6, 9日)
クラスは基本的に10:00~17:00です。会場の都合等により日程が変更されることがあります。

◆会 場 かながわサイエンスパーク(KSP)
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区板戸3-2-1
東急田園都市線・大井町線 溝の口駅(渋谷より15分)、またはJR南武線 武蔵溝の口駅(川崎駅より20分) 徒歩12分 *溝の口駅より送迎バスの便があります。
◆授業料 1年間について 624,000円(税別、分割納入可能)
授業料には各セグメントの概要記録が含まれますが、理解を深めるための補助教材については負担していただきます。
また、用具の購入は任意ですが自費となります。
◆定 員 50名
◆参加資格 FPTP Tokyo 3 は参加者について、年齢、性別、職業、障害の有無等を問いません。様々な背景を持つ、自己の成長と活力の向上を目指すひとの参加を歓迎します。
トレーニング開始前に、若干のレッスン経験(FIレッスンおよびATMレッスン)があることが望まれます。
トレーニング1年目については、ビジター参加を受け付けます。
◆欠席日数 本コースを卒業するためには、欠席日数が四年間を通して10日以内であること、各年度について欠席日数が5日以内であることが必要条件です。欠席日数を補修するための補修授業は有償で行われます。
◆言 語 このトレーニングは主に英語によって行われ、日本語通訳がつきます。
◆申込方法 Tokyo3のお申込は終了いたしました。次回Tokyo4開催は2018年予定です。
◆認定と証明書 「FPTP Tokyo 3 」は世界共通のフェルデンクライス・トレーニングのガイドラインに基づいて行われ、国際的な認定機関である AusTABによって認証されています。卒業生にはトレーニングの主催者であるフェルデンクライス・ジャパンより修了証が授与され、フェルデンクライスプラクティショナーとして世界中のフェルデンクライスコミュニティーで活動することができます。
 

 

go_top

◆教育スタッフ/第3期養成コースで指導するフェルデンクライス・トレーナー
697

ステファニー・スピンク エデュケーショナルディレクター(教育監督)
ステファニー・スピンク Stephanie Spink


1991年にメルボルン第1期FPTPを卒業。理学療法士でもあり、オーストラリア、ニュージーランド、日本で数多くの機能解剖学&フェルデンクライスワークショップを指導している。アシスタントトレーナー(1998-2010)として、メルボルン、シドニー、バース、ニュージーランド、サンフランシスコ、京都、東京を含む世界各地のトレーニングで活発に指導している。
2010年にトレーナーとなり、以後オーストラリア、日本、ヨーロッパ、南米のトレーニングで活発に指導している。フェルデンクライス・ジャパン主催のFPTPでも度々指導。明確、緻密、ダイナミックな指導とチャーミングで誠実な人柄で高い信頼と評価を得る。以後も5度に渡り東京、高松で一般およびセラピスト向けワークショップ、プラクティショナー向けアドバンストレーニングを指導。高い評価を得る。

 

  07 メソッドについて広い視点を提供するためにも、トレーナーは世界中から最高レベルを集め、多彩な顔ぶれとなっています。
ステファニーの他に次のトレーナーが指導する予定です。
(上段左から)ポール・ニュートンダナ・レイカトリン・スミスパック
下段左からアラン・クェステルエリザベス・ベリンジャー
<アシスタントトレーナー> かさみ康子 他
697
かさみ康子 アドミニストレイティヴディレクター/アシスタントトレーナー
かさみ康子 Yasuko Kasami


舞踊家としてのキャリアを経て、1995年にNew Yorkでフェルデンクライス・プロフェッショナルトレーニングに参加。2000年にトレーニングを修了。以来プラクティショナーとしてインテンシヴに活動している。
2003年フェルデンクライス・ジャパン設立。レッスンやワークショップの指導に加え、海外から講師を招いてのプロフェッショナルトレーニング、様々なワークショップの開催など、日本におけるフェルデンクライスメソッドの普及とレベルの向上に尽力している。FPTP Tokyo 3では常任アシスタントとアドミニストレイティヴディレクターを務める。
著書 『はじめてのフェルデンクライス』(地球丸)
訳書 『フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ』(晩成書房)
697

go_top
ポール・ニュートン ダナ・レイ カトリン・スミスバック アラン・クェステル エリザベス・ベリンジャー かさみ康子


フェルデンクライスプロフェッショナルトレーニング
FPTP Tokyo

【FPTP Tokyo お問い合わせ】フォームへ!>>








go_top