who's who/フェルデンクライス・プラクティショナーインタビュー/吉田圭佑 Keisuke Yoshida

who's who
FPTP Tokyo2第10セグメント開催中に、
トレーニーの吉田圭佑さんにインタビューしました。

吉田さんは32歳、コースの生徒の中でも比較的に若い世代です。アスリートで、アウトドアスポーツ、武術などで、体を使うことをずっと追求している方です。
keisuke yoshida
吉田 圭佑
FPTP Tokyo2 卒業
ブログ「リトルバード」


who's who
《インタビュー》
フェルデンクライス・ジャパン代表
かさみ康子

フェルデンクライスを実践する
プロフェッショナル

森 由利子

フェルデンクライス
プラクティショナー

佐野 恵子
吉田 圭佑
和貴子(WAKIKO)
井上 幸子

FPTP Tokyo3
グループレッスン
リトルバード
管理栄養士としての仕事(大学教員)を辞めて、現在はフェルデンクライスに集中。卒業後の飛躍を目論む「リトルバード」!プラクティショナー開業に向けて、準備中です。
(インタビュー:かさみ康子)
space

<養成コースFPTPにはいったいきさつは?>

かさみ 康子(以下K):今回のセグメントはポール・ニュートンさんという素晴らしいトレーナーが指導されていますが、いかがですか?

吉田 圭佑(以下Y):毎日とても楽しいです。4年目ということもあり、FIの練習が多くなりましたが、これまで疑問に思っていたことを明確に表現してくれるので、自分のなかでフェルデンクライスがどんどん深まって行くように思えます。ドキドキワクワクするような、楽しい経験です。

K:吉田さんが、フェルデンクライスを始めたいきさつは?どんなふうにして、トレーニングにはいったのですか?

Y:高校生のときにK1という格闘技をやっていたのですが、その頃からどうやってパフォーマンスアップするか、自分を強くするかということに興味がありました。その後、体を痛めてしまったのですが、腰を痛めると呼吸が苦しくなり、体の不調が心にも響くことを実感しました。治療もいろいろと試したのですが、すぐに元に戻ってしまうので、しっくりこない感じがしていたんです。

そんな時に、たまたまフェルデンクライスの本を読んだんです。そして、やってみようと思ってフェルデンクライス・ジャパンに行き、FIとATMを何度か体験して、終わった後のなんとも言えない感覚を味わい、それがずっと脳裏にありました。その後、レッスンを中断し、仕事をしていたのですが、将来何をしようかと悩むようになりました。大学の研究職だったのですが、自分で何か始めたいという野望もあって、それで、フェルデンクライスがいいんじゃないかと、、(笑)。

ちょうどその頃、私生活でもつらいことがあり、レッスンを受けに行ったら、体が変わった途端に感情が変化したのを感じ、つらい感じや重い感じがなくなり、これは面白いと思ったんです。それから強く興味を持ち続けるようになった。その時、ちょうどトレーニングが始まって、、、。「向いているから、やったらいいんじゃない」ってかさみさんに言われ(笑)、だんだん心が決まって行きました。そして、仕事を継続しながらトレーニングを始めたんです。


<トレーニングで変わったのはセルフイメージ>

K:そうでしたね。コースが開始するのと同時ぐらいの決断でしたね!始めてみて、どんな感じでしたか?

Y:最初のセグメントで強く印象に残ったのが、モティ・ナティーヴさんのワークショップ「武術とフェルデンクライス」でした。ATMで学んでいることを実際に武術に生かすことができるのがスゴいと感じました。スムーズに早く、力を使わずに動けることを実感したんです。仕事としてできる、自分は向いている、求めていたものはこれだ、と感じたのはあの時でした。

K:トレーニングも4年目にはいり、いよいよ卒業が視野にはいっていますが、ここまでのトレーニングのプロセスはどのような感じでしたか?

Y:僕は事前に書籍等で学習するのが好きで、フェルデンクライスについても「Awareness through Movement(フェルデンクライス身体訓練法)」をトレーニングが始まる前に読んだのですが、実際にやると、本に書かれていることが物理的に理解できてすごく面白いと思いました。自分がどんどん変わって行く感覚がただ単純に面白いと思ったんです。ただただ動きのバリエーションが面白かった。こういう動きもあるんだ、って感じでした。

実際にすごく自分が変化したのは、トレーニングをやる前は、常に何かをしていなければいけないという義務感が強いタイプだったのが、そういうセルフイメージがフェルデンクライスによって劇的に変わったということです。

K:何もしなくても、感じていれば良い、、、(笑)

Y:そうなんです!努力しなくて効果が出せるってことを発見したんです。そうしたら、落ち着いた感じになって、どんな環境になっても自分でいられるようになりました。それと、自分で教え始めたことによっても、かなり変わりました。


<教えるという仕事と将来の計画>

K:人に教えることによって変わりますよね。

Y:3年目の始めから1年間教えてきているんですが、教えることではじめてトレーナーの言うことが腑に落ちてきたと思います。なるほど!と思った。ATMレッスンで自分が動いている時にもトレーナーの言うことの意味が前よりも分かるようになり、他の人の動きが分かるようになりました。ATMを教えるようになったらちょっとずつ構造が分かるようになり、それでFIの練習も含めて何もかもが一層楽しくなってきました。

K:そうですよね。相手が見えるようになってきますよね!吉田さんは、充分にチャンスを生かして、楽しんでいらっしゃるようですね。本当に上手く行っていると思います。

Y:はい。充実していると思います。

K:卒業後はどのように仕事をされる計画ですか?

Y:フリーランスでやっていこうと、「リトルバード〜フェルデンクライス群馬〜」というビジネスを始めたのですが、フェルデンクライスのATMとFIレッスンの提供を中心にして、音楽、スポーツ、教育など各分野につながるワークショップを開いて行きたいと思っています。フェルデンクライスメソッドを一部の専門的な人達だけでなく、もっと様々な分野に拡げて行きたいと思っています。日常生活、人生のニーズに合わせて、フェルデンクライスを応用する。勿論フェルデンクライスの名前をちゃんと使っていきます。

K:今は高崎市でやっていらっしゃいますね。これからも高崎市や群馬県でやって行くのですか?

Y:いいえ、そうではないです。リトルバードという親しみ易い名前を自分のビジネスにつけたので、フェルデンクライス群馬はいつでも取り外し自在です。色々な所に行きたいと思っています。リトルバードはどこにでも飛んで行くつもりです。そして、色んな人と出会って、動きを研究し続けていきたいと思います。将来はトレーナー達のように世界で活躍するプラクティショナーになりたいと思います。英語もコース中にかなり上達したと思います。

K:そうですね!本当に楽しみにしています。今日はどうもありがとうございました。

FPTP Tokyo2在籍時インタビュー 2014.5.13)


【吉田圭佑 Keisuke Yoshida】
FPTP Tokyo2卒業。フェルデンクライス・プラクティショナー、管理栄養士・健康運動指導士
■ブログ「Little Bird〜フェルデンクライス群馬〜」
■facebook「Little Bird」

FPTP Tokyo3

go_top