プラクティショナー養成コースProfessional Training Program

数多くの
プラクティショナーを輩出

数多くのプラクティショナーを輩出

フェルデンクライス・ジャパンは、国際的養成コースの主催を通じて100名以上のプラクティショナーを輩出しています。

FPTPとは?

FPTPは、「Feldenkrais Professional Training Program」の頭文字をとったもので、
つまり、フェルデンクライスのプロを育てるためのプログラムです。

ATMやFIを通してフェルデンクライス メソッドを体験された方の中には、その効果を強烈に実感し、自分の仕事やスキルに活かしたり、プラクティショナーとして開業を目指される方が大勢いらっしゃいます。動き・感情・感覚・思考が同時に行われる人間の身体を全体的に捉えるフェルデンクライス メソッドは、たとえば、助産師や理学療法士など、体に触れる治療を行なっている方にとって大変有効なものと考えられるため、治療の一環として実践されている方もおられます。

このようにフェルデンクライスを実践する「プラクティショナー」になるためには、まず国際認定機関であるTAB(Training Accreditation Boards)の認証を受ける必要があります。その認証を得るための養成プログラムが、FPTPです。

動く・観察する・探索する・発見する

動く・観察する・
探索する・発見する

FPTPは、4年間・計160日をかけて行われます。プログラムでは、動く・観察する・探索する・発見するというプロセスを繰り返し、感覚を通して行動の選択肢を増やしていきます。これは短期間でできることではありません。単純にスキルや知識を学ぶような教育ではありませんし、習慣的な動きの癖を知る上では間に休み(インターバル)を設けることも重要です。4年間の学びのプロセスは、年度ごとに別個の内容を学ぶものではなく、メソッドの基本理念や方法論の理解、生徒との言語・非言語双方によるコミュニケーションスキルなどさまざまなテーマについて、繰り返しながら徐々に理解を含めていくものです。

フェルデンクライス・ジャパン主催のFPTPを卒業してプラクティショナーとして活躍されている方は、2019年現在で100名を超えています。私たちの養成コースでは、海外からの受講生も積極的に受け入れており、授業は英語と日本語のバイリンガル環境で行われています。そのため質疑応答なども他のコースと比べてはるかに活発で、日本人にとっても刺激的な学習環境になっています。同時に、日本語への通訳に費やされる時間を考慮して授業時間を通常より10%ほど長くするなど、日本人にとっても居心地の良い学習環境を提供しています。

FPTPの流れ

  1. 1年目

    ATMとFIの基本を磨きます。

    実践と講義や議論を通して、ATMレッスンにおける動き・学習・気づきのプロセスを理解します。自分自身の体験をどのようにメソッドの基本コンセプトの理解とつなげるかがポイントとなります。ATMの基本理論と体験の言語化、FIレッスンの基本的な方法である「探索」のやり方を学び、小グループディスカッションを通して自己表現技術を磨いていきます。セグメント間の休みには、自身の感覚体験についての日誌をつけることが推奨されます。

  2. 2年目

    メソッドの指導を行う準備を
    開始します。

    ATMレッスンについてさらに綿密に学習を進めるとともに、他者への指導の練習を開始します。具体的には、運動感覚理論、神経システムの機能的な側面について学習するほか、コミュニケーション、自己イメージ、自己組織化についての学習を進めます。ATMとFIの関係性の探索、さらに複雑な動きの要素についての理解を深め、スケルトンを使用して骨格的な繋がりを学びます。ATMプラクティカム(指導の実践)を行い、2年目終了と同時にスチューデントティーチャーとしてATM指導をする資格が授与されます。

  3. 3年目

    FIレッスンを行うための能力を
    高めます。

    さまざまな形でFIレッスンの実践を授業内で行います。サポート、動きの制限、自己組織化の重要性の理解を深め、手を使ってコンタクトすることを通しての探索、生徒の感覚体験のガイド、コミュニケーションの取り方、学びのための環境を作ることの重要性について学びます。授業では、モシェ・フェルデンクライスが行なったFIのビデオや『アレクサンダー柳井レッスン集』など、さまざまな資料を活用してFIレッスンを実践する能力を高めていきます。

  4. 4年目

    実践レッスンを経て、
    修了すると国際認定されます。

    FIレッスン・ATMレッスンをプロフェッショナルとして指導するためのさまざまな要素について、さらに学習を深めます。FIについては、レッスン全体を行えるよう、インタビューの方法、テーマや動き、体勢の選び方、機能的にテーマを発展させる方法、観察とコミュニケーション、レッスンの終わらせ方などについて学びます。教育スタッフを相手にFIレッスンを行い、フィードバックやアドバイスを受ける「スーパーヴィジョン」を個別に受ける機会もあります。また、フェルデンクライス メソッドについて一般の人に説明するためのワークショップやレッスンのプレゼン方法についても学びます。最後に、卒業判定の基準となる「FIプラクティカム」(FIレッスン全体を一人で行う、指導の実践)を経て4年間の学習要件をすべて満たすと、晴れてフェルデンクライスプラクティショナーとして国際認定されます。

トレーニングスタッフ

国内外で最高レベルのトレーナーが指導を
担当します。

LEARN MORE

開催中!
FPTP Tokyo 4
第4期プロフェッショナルトレーニング
2018年9月~2022年5月
会場:かながわサイエンスパーク(KSP)

実施スケジュールはこちら

卒業生の声

トラブルに悩んでいる人に接していきたい

佐野 恵子さん プラクティショナー
「フェルデンクライスTokyo」主宰

仕事にしていける自信を感じました

吉田 圭佑さん プラクティショナー
管理栄養士・健康運動指導士
Little Bird主宰

真に健やかで美しい生活を提供していきたい

和貴子(WAKIKO)さん 
プラクティショナー
「セラピールーム.jp」主宰

人をサポートできる自信がつきました

井上 幸子さん プラクティショナー
理学療法士、Sacchi 主宰

LEARN MORE

Introductory Workshop入門ワークショップ

養成コースに興味のある方、フェルデンクライスを体験してみたい方、自分自身への理解を深めたい方、パフォーマーやアスリートなど、ご自分のスキルのレベルを上げたい方などに最適なワークショップを開催しています。経験を問わず、どなたでも参加していただくことができます。コースについてのご質問にもお答えします。

LEARN MORE