レッスンプログラム/ワークショップ一覧/ワークショップ2019年4月18日(木)、19日(金)

すべての 音楽家のためのフェルデンクライス・ワークショップ  「カラダから考える音楽」(その2)


指導:松本裕子(ピアニスト、フェルデンクライスプラクティショナー)
かさみ康子(フェルデンクライスプラクティショナー)
協同主催:ミュージックスタジオC、フェルデンクライス・ジャパン

演奏のスキルアップを考える時、一番気になるのは何ですか?
指と腕だったり、唇や呼吸だったり…
しかしもっと大きな視野から眺めてみると、それが全身の動きとリンクしていることが見えてきます。
このワークショップでは、全ての音楽家を対象に、全身の使い方を分析しながら学び直す過程を体験していただきます。

昨年9月に開催された「カラダから考える音楽」ワークショップは、様々なジャンルの音楽家に参加して頂き、有益な成果を上げることができました。今回は、前回の内容をさらに発展させて、参加者のより一層のスキルアップと学びの深化を目指します。
前回参加されなかった方も参加することができます。


<今回の視点>

【骨盤を使う】
骨盤は体の中心にあり、パワーの源と言われるように、力を出す大きな筋肉が付着しています。骨盤の使い方によって動きは大きく変わるのですが、音楽界ではその重要性について言われることはまだ少ないようです。立って演奏する場合、座って演奏する場合に、骨盤の動きがパフォーマンスに大きな影響を及ぼしていることを体験します。柔らかく、ダイナミックな奏法を身につけることを目標にします。
・骨盤から~呼吸/姿勢~
・骨盤から肩、腕、手への繋がり
・股関節を使う

【目の動き】
目の役割は決して物を見ることだけではありません。体全体の様々な動きと関連して目は常に動いているし、思考や感情とも影響し合い、演奏家にとっても大きな意味を持っています。一方で、私たちは長年の習慣によって目の使い方にも多大な癖を蓄積していて、その癖が行動の妨げになることもあります。イメージした通りに楽に素早く動くためには、どのような目の使い方をすれば良いのかを考え、習慣を探索しながらスキルアップに繋げます。
・目の動きと働き
・目の使い方と演奏の関連性


カラダから考える音楽
開催内容
フェルデンクライスメソッドとは
キャンセルについて
二人の講師プロフィール
お申込方法

開催した過去の
《音楽家のためのワークショップ》
2018年9月
すべての音楽家のためのフェルデンクライスワークショップ カラダから考える音楽
2018年2月
ジストニアに悩むピアニストのために
カラダと指のつながりを探索しながら

2017年9月
「ジストニアに悩む
ピアニストのために」
2015年3月
「音楽とつながる からだと心」
2014年9月
「音楽と自分をひとつにしよう」
2014年4月
「フォーカルジストニアに悩む
ピアニストのためのワークショップ」
2013年10月
「フォーカルジストニアの症状がある
ピアニストのためのワークショップ」


対談

■ 開催内容
このワークショップは、テーマに沿って二日間異なる内容で行われます。
ATMとFI(デモ)といったフェルデンクライス独自の学習方法に加え、楽器の演奏や発声を実際にしていただきながら進めます。
身体の変化は音色の変化に直結していますので変化を体験頂けると思います。


日 時 4月18日(木), 19日(金) (2日共)10:00〜16:30(休憩をはさみます)
会 場 南大沢文化会館リハーサル室 八王子市南大沢2-27 (京王相模原線南大沢駅徒歩3分)
参加者 音楽家(プロアマ、ジャンルを問いません)
講 師 松本裕子(ピアニスト、フェルデンクライスプラクティショナー)
かさみ康子(フェルデンクライスアシスタントトレーナー)
参加費
一般の方|25000円(2日参加)、14000円(1日参加)
学生の方|18000円(2日参加)、10000円(1日参加)
【フェルデンクライスメソッドとは?】
物理学者モシェ・フェルデンクライス(1904〜1984)によって造り出された学びの探究法を「フェルデンクライス メソッド」と言います。体の動きと感覚システムの働きを利用して能力を再開発する方法で、発育・発達段階で動きを学ぶプロセスを利用しているのが特徴です。最新の脳科学と一致するユニークで有効性の高いこのメソッドへの評価は世界中で高まっており、芸術、スポーツ、教育、リハビリ、運動など、あらゆる分野の人々によって実践されています。>> 詳細ページへ
【キャンセルについて】
開催3日前(72時間)までのキャンセルについては、お支払いただいた参加費を全額返金いたします。
返金方法は銀行振込としますが、 送金手数料をご負担いただくことをご了解下さい。
72時間以内のキャンセルについては所定のキャンセル料が発生します。
24時間以内のキャンセルについては返金不可となります。
《ワークショップを許可なく録音・撮影されることはお断りします。》

《前回の参加者のコメントより》
  • 一つの動きに様々な部位が関わっていて、動かす部分以外がすごく大切なんだと気づかされました。
  • フェルデンクライスを体験する度に、身体と脳は一つだということを痛感させられています。
  • ピアノを弾く時の、肩と耳の接点を感じることで、急にその動きを楽に感じました。
  • 人の動きを見るのはとても参考になります。フェルデンクライスをやりながらの楽器の演奏も色々と違いを確かめられて面白かったです。
  • とても濃い内容でした。手や腕の動きと胸、肋骨、脊柱の動きのつながりを学ばせて頂きました。
  • とても内容が濃く、「目からウロコ」経験がたくさんありました。これが全て身についたら弾き方が変わるだろうと楽しみです。


  • ■ 二人の講師プロフィール
    松本裕子 Music Studio C 代表 松本裕子こちらピアニストのためのフェルデンクライス
    桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学ピアノ科卒業。米国インディアナ大学音楽学部大学院ピアノ科修士課程及びパフォーマーズ・ディプロマコース修了。在学中にアソシエイトインストラクターとして後進の指導にあたる。5年間のアメリカ留学の後、モスクワ音楽院付属中央音楽学校において音楽教育研修コース修了。 1998年頃より手の不調を感じて演奏を一時期断念。その後身体のメカニズムや使い方に興味を持ち2007年よりフェルデンクライスを学び2011年よりプラクティショナーとして活動を開始。
    現在ピアニストの立場からフェルデンクライスを活用した効率的な身体の使い方や奏法、ジストニアなど手の故障について研究、個人レッスンやワークショップなど全国で活躍している傍ら、演奏家としても活動を続け、東京を中心に定期的なソロリサイタルやオーケストラとの共演などソリストとして活躍中。また室内楽奏者としてもデュオからクインテットまで数多くのコンサート実績を持つ。
    (一社)全日本ピアノ指導者協会正会員。PTNAジャスミンTAMAステーション代表。フェルデンクライスプラクティショナー。大阪芸術大学非常勤講師。
    ピアニストのためのフェルデンクライス https://www.feldenkraispiano.com
    かさみ康子 【フェルデンクライス・ジャパン代表 かさみ康子】
    舞踊家としてのキャリアを経て、1995年にNew Yorkでフェルデンクライス・プロフェッショナルトレーニングに参加。2000年にトレーニングを修了。以来プラクティショナーとしてインテンシヴに活動している。2003年、フェルデンクライス・ジャパン設立。レッスンやワークショップの指導に加え、海外から講師を招いてのプロフェッショナルトレーニング、様々なワークショップの開催、執筆、翻訳、出版など、日本におけるフェルデンクライスメソッドの普及とレベルの向上に尽力している。
    監修『脳を刺激して心と体をラクにするエクササイズ〜フェルデンクライス入門』(マガジンハウス)
    著書『はじめてのフェルデンクライス』(地球丸)
    訳書『フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ』(晩成書房)

    申し込みフォーム

    CD

    音楽家のためのフェルデンクライス音楽家のためのフェルデンクライス FI詳細
    ・フェルデンクライス メソッドとは
    ・ジストニアへのアプローチ
    ・音楽家のフェルデンクライス体験談


    go_top